代表者挨拶

この度は弊社のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

私自身、足が26センチと大きく、もともとヒールが好きではありませんでした。
学生時代、皆と同じく素敵でかわいい靴を履きたいと色々なお店に探しに行っても可愛い靴屋や百貨店に行ってもサイズがなく、

「大きいサイズでしたら、こちらかこちらですね。。。」などと消去法のような選択ばかり。
大サイズを選ぶのですが、1センチ近くも小さな靴に無理に指を押し込め、痛みを我慢しながらオシャレを楽しむ日々でした。

途中で履いてられなくなり、買いたくない靴を買って履き替えたり。
歩いてられなくなり、途中でタクシーに乗り込んだり。

ハイヒールに対しては・・・「痛いもの」「我慢しないといけないもの」
オシャレの終着地点は靴と知りながらも、靴選びは一番苦手で好きではありませんでした。

そんな中、シャネルに転職し正しいサイズ感や自分の足に合わせて選ぶ大切さを学びました。
ヨーロッパの靴の精巧で吸いつくような履き心地は今まで感じていた履き心地と違い、感動してヒールの虜になっていったのを覚えております。

この株式会社Terraceを創業したきっかけは、あるお客様との出会いです。

「お客様にあう素敵な靴を」と思い、お好みをお聞きしていた時、お客様よりこんなお言葉を頂きました。
「私は昔に無理な靴を履きすぎて、もう外反母趾でどんなに高いお金を出してもヒールを履けないの。」

涙をぽろっと流されるお客様を目の当たりにした時に、かけてあげられる言葉がでなかったのを覚えております。
もっと昔にお会いできていればと無力さを痛感いたしました。

ヨーロッパにはまだまだ多くの女性が知らない、素敵で履き心地の良いブランドがたくさんあります。
ヒールを愛用する若い世代の方からご来店頂け、痛みを我慢するのではなく、安心してご愛用できる。
細かな足の悩みにも、安心してお応えできる靴屋が必要だと感じ、設立したのが株式会社Terraceです。

of_greetingお悩みにも安心してお応えできるよう、店舗にお修理ブースを併設しております。

そして、お悩みをお聞きするスタッフもお修理をさせて頂くスタッフも、ヒールを愛用している女性。
履いている者でないと分からない、痛みや悩みがあると考えております。

靴は洋服やアクセサリーなどと違い、ほんの少し大きくても、小さくても履き心地がつらく感じ、大きな負荷がかかります。

多くの女性が感じる「ヒールは痛いもの」という概念を変え、ハイヒールでも心地良くご愛用頂けるよう素敵な靴を取り揃えて参ります。

「多くの女性に、長くお洒落を楽しんで頂きたい。」

それを心に刻み、お客様やスタッフをはじめ、周りを取り囲んで下さる多くの方々に感動を与えられる企業を目指して参ります。

株式会社 Terrace
代表取締役 森田 祥子 (新姓 中西)